blog/副業

WordPressでのブログの始め方を美容師が解説【SEO対策もOK】

5stepでWordPressを使ったブログの始め方を解説しています、step1.ドメイン取得⇒step2.サーバーレンタル⇒step3.ドメインとサーバーの紐付け⇒step4.WordPressのインストール⇒step5.WordPressテーマの設定。SEOの設定についても記載しています。
salon/経営

美容師が独立したら年収はいくら?一人経営のリアルなお金の話

一人で独立したいけど、技術売り上げで80万売り上げたら年収はいくらくらいになるんだろう? 独立に向けて、詳細の内訳も知っておきたいな! 今回はこのような疑問にお答えしたいと思います。 この記事の内容 技術80万売り上げた場合の手取り年収が分かる 経営した場合の経費が分かる 技術80万売り上げた場合の税金が分かる この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になり経営を安定させることに成功しています。 そんな僕が美容室経営のリアルなお金事情について解説してみたいと思います。
blog/副業

美容師の副業でオススメなのはブログ【パソコン苦手でもOK】 

美容師をしていて副業を始めようと思っているけど何をするのがいいかな。 最近はプログラミングやYouTubeもいいって聞くけど・・・。 夜の高収入なバイトも捨てがたい。 今回はこのような疑問にお答えしたいと思います。 ✔この記事の内容 美容師の副業おすすめ3選 ブログで得られるスキル パソコン苦手でもできるのか? この記事を執筆している僕「peke」は美容室の経営のかたわらこのブログを執筆しています。 そんな僕が美容師におすすめの副業について解説させていただきます。 [ad] 美容師の副業おすすめ3選 忙しい美容師さんにおすすめできる副業としては 手軽に始められる 時間に縛られない 美容師の知識・技術をいかせる ゆくゆくは美容師を辞めてもいいほどに稼げる 独立開業の時に役立つ という条件を満たしているものになります。 バイトなどは気軽ですが、時間を決められるし将来性がなく、美容師の知識スキルを活かせるものは少ないです。 美容師さんの知識量と技術力は貴重なものばかりなので、活かさないのもったいなさすぎます。 美容師はとてもハードな職業なので、将来的に辞めざるを得ない状況になるということもあります(手荒れやヘルニア、腱鞘炎など)、そんなときに美容師と同じくらい稼げる副業をもっていれば安心ですよね。 将来的に独立を考えられている方も多いと思うので、そんな美容師さんには独立開業の時に役立つものがいいと思います。 ☑美容師さんにオススメな副業3選は以下の通りです。 ブログ 転売(ヤフオクメルカリなど) ユーチューブ 以上3つが個人的にオススメな副業になります。 上記3つはアルバイトなどと違って自分のペースで行う事ができます。 美容師として仕事をしていると、朝も早く帰りが遅いという事は日常茶飯事なので、できるだけ時間に縛られないものを選ぶのがいいでしょう。 ブログ・メルカリ・ユーチューブは手軽に始められて時間に縛られませんよね。 美容師の知識・技術をいかせるし、ゆくゆくは美容師を辞めてもいいほどに稼ぐ事もできます。 自然とインターネットでの商売が身につくので独立開業の時にも役立つ(必須)なスキルが身につきます。
salon/経営

【美容室の値決め】時間単価が命!個人経営は価格設定で競争しない

美容室を経営したいけど、値決めってどうすればいいのかな? 「今の職場の価格に合わせる」「出店先の土地柄に合わせて出店する」「ちょっと安く設定した方がお客さん来やすいかな」 いや、でも安すぎると時間単価下がるし、個人経営の価格設定で価格競争をするのはまずいよな。 で、結局どうすればいいのかなぁ。 今回はこのようなお悩みにお答えしていきたいと思います。 ✔この記事の内容 月収をいくら稼ぐか決める【自己中心的価格設定が大切】 値決めは時間単価が大切個人経営で価格競争はしなくてOK 高いと今のお客様が付いてこないのではないかという不安 最後に
salon/経営

【美容室のサブスク】会員メニューでシャンプーブローはNG!給与はどうする?

美容院を経営していてサブスクリプション(サブスク)の導入を検討してるけど、メニューでシャンプーブローを含ませるのはどうかな。 会員を維持する考え方や、スタッフへの給与をどうするか悩む…。 今回は前回の記事サブスクリプションとは?美容室でのやり方や運用方法のヒントを紹介を深堀してこのようなお悩みに答えていきたいと思います。 ✔この記事の内容 美容院のサブスクメニューにシャンプーブローがあるといいのでは? サブスクを導入した際のスタッフへの給与はどうする? そもそもお客様はサブスクのサービスをりよしたいと思っているのか? 会員を続けて頂くためにできること [ad] この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になります。 サブスクの制度を利用する可能性も無くはないと思い、詳細を調べてまとめてみました。 前回の記事サブスクリプションとは?美容室でのやり方や運用方法のヒントを紹介を深堀している内容になりますので併せてごらんください。
salon/経営

サブスクリプションとは?美容室でのやり方や運用方法のヒントを紹介

最近サブスクリプション(サブスク)ってよく聞くけどどういう意味なんだろう。 美容室でも取り入れることができる方法ややり方はないかな? 内容や、運営について知りたい 今回はこのようなお悩みに答えていきたいと思います。 ✔この記事の内容 サブスク(月額定額)会員制度とは? 会費の徴収方法について 会員が飛び込み来店されたときはどうする?
salon/経営

美容室【フリーランス美容師】青色申告のメリットを簡単に解説![理屈より慣れ]

美容院を個人で経営してる(フリーランス美容師も含む)けど、青色申告をする必要ってあるのかな? 簿記や会計の知識もないし、自分には白色申告しか無理な気がする…。 青色申告について知りたい! 今回はこのような疑問にお答えしていきたいと思います。 ✔この記事の内容 青色申告って何?【メリットしかない!】 青色申告の本で勉強したけど挫折したよ?【それもそのはず】 青色申告に必要な心構え【難しく考えない】 この記事を執筆している僕「peke」は美容室を開業する前からフリーランス美容師として働いていたことから確定申告は個人で毎年行っています。 そんな僕が確定申告(青色申告)について簡単に解説していきます。
salon/経営

美容室の家賃支援給付金について!申請方法や必要書類を解説〔手順とやり方〕

新型コロナウイルスの影響で家賃の支払いがキツイ・・・。 このままでは資金繰りが危ういけど「美容院は家賃支援給付金の制度をうけられるのかな?」 必要書類や、申請方法の手順について知りたい! 今回はこのようなお悩みに答えていきたいと思います。 ✔この記事の内容 美容室は家賃支援給付金の対象になるのか? 家賃支援給付金の内容について。 持続化給付金の申請方法【手順と必要書類】 [ad] この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になります。 個人経営で2020/7/8現在営業をしています。 今後、家賃支援給付金の制度を利用する可能性も無くはないと思い、詳細を調べてまとめてみました。
salon/経営

美容室は持続化給付金を貰えるか?内容や申請方法は?手順を解説!  

美容室を経営しているけど、新型ウイルスの影響で客足が途絶えつつある・・・。 このままでは資金繰りが危ういけど「美容院は持続化給付金の制度をうけられるのかな? 内容や、申請方法について知りたい! 今回はこのようなお悩みに答えていきたいと思います。 ✔この記事の内容 美容室は持続化給付金の対象になるのか。 持続化給付金の内容について。 持続化給付金の申請方法【手順】 [ad] この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になります。 個人経営で2020/4/15現在営業はしていますが、客足があきらかに遠のいている事を感じています。 今後持続化給付金の制度を利用する可能性も無くはないと思い、詳細を調べてまとめてみました。 美容室は持続化給付金を貰えるか? 結論からいくと、美容室も持続化給付金の対象になります。 持続化給付金は、新型コロナウイルスの影響で大きなダメージを追うことになる事業の支えのための給付金とされています。 大きな影響を受けたところから再起するための給付金というわけです。 持続化給付金は政府が緊急事態宣言を発表した経済対策の一つですね。 2020/4/13に経済産業省から具体的な内容が発表されました。 国会の補正予算が通っていないこともあり、今後は多少なりとも変わる事があるかもしれません。 このページでは、現段階での内容について記載していきます。
salon/経営

理美容室のコロナ特別貸付 【融資】やり方の手順や手続き方法を解説!

理美容室を経営していて新型コロナウイルスの影響で資金繰りがピンチ・・・。 日本政策金公庫からお金が借りられるってことだけど、特別貸付の制度を利用するにはどのような手続きが必要なのかな? 簡単にできるのか不安・・・。 今回はこのような疑問について答えていきたいと思います。 ✔この記事の内容 新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資をうける手順【簡単】 売り上げや返済期間での利息などの注意ポイント [ad] この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になります。 個人経営で2020/4/12現在営業はしていますが、客足があきらかに遠のいている事を感じています。 今後特別貸付の制度を利用する可能性も無くはないと思い、詳細を調べてまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました