美容室の経営したい!何から始める?【結論】まずはビジョンを持つ! 

salon/経営

美容師として勤務してもうすぐ10年近く経つな。

顧客も増えてきたし、自分にも自信が持ててきた!

そろそろ独立して自分の美容室の店舗を経営したいけど、何から始めればいいのかな?・・・。

 

今回はこのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

✔この記事の内容

・そもそも独立していいの?

・独立開業のいいところとリスク

・美容室開業にまず必須なのは【ビジョン】

・独立開業に必要な判断基準【マインド】

・一人一人のヴィジョンによって異なる必要なスキル

 

この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になり売り上げを安定させることに成功しています。

 

そんな僕がこれから開業を志す方々が何から始めるべきか、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

結論:まずは【ヴィジョン】をもつ

ビジネス, アイデア, 戦略, マーケティング, 計画, ビジョン, 創造的です

 

美容室開業にあたって一番最初に行うこと、それが。

 

「ヴィジョンをもつこと。」

 

かみ砕いてみると「自分はどうなりたいのか(どうありたいのか)」

 

これはどのビジネスにおいてもとても重要なポイントになります。

 

言い換えれば「何をやり遂げたいと思っているのか」

 

このビジョンを実現させるために行うのが経営戦略、すなわちマーケティングです。

 

ビジョンによって多店舗展開なのか、一人で小さなサロンを長く永続させるのかといった「戦略」が変わってきますよね。

 

ビジョンがあって、戦略を考えていくうちに必要となってくるのが資金計画となります。

 

なので、まずは自分が「どうなりたいのか」

 

突き詰める事で何かあってもブレなくなるはずです。

スポンサーリンク

そもそも独立していいの?

チェックリスト, チェック, 考える, 調べる, 診断, 疑問, 悩む, 確認

 

ヴィジョンはあるものの、「自分は独立するに値する人間なのか?」

 

これは多くの美容師さんが頭を悩ませる部分ではないでしょうか。

 

自分でお店の経営をやるべきだと思う!

 

と思われる方の傾向について書いておきます。

・技術、キャラクターにお客様が認める独自性がある

・「こうしたい!ああしたい!」といった思いや形がある

・務めている店舗での個人売り上げがトップクラス

・店長やマネージャー、リーダーなどのお店で役職を持っていたことがある

以上まとめてみました。

 

この内容に当てはまらなくともこれに付随する内容を含む動機を持っている美容師さんであれば独立するべき!

 

と、僕は思います。

スポンサーリンク

【マインド】独立開業に必要な判断基準

乳製品, カレンダー, 学校, 目的, デスクトップ, オフィス, 仕事

 

「独立したいけどお金がない」

「独立したいけど人がいない」

「独立したいけど知識がない」

 

僕も、そう思っていました。

 

ですが。

 

【完璧な状態でのスタートはありえません】

 

多くの人々はあきらめる方を選びますが

 

開業にあたって適正な判断基準【マインド】を持つのがオススメです。

 

「やる」か「やらない」か⇒一度やってみるということを選択する。

「できること」か「やるべきこと」か⇒やるべきことを優先してください。

計画はあるが物件がまだ・・・⇒計画を進める、その中で物件を探してください。

 

適正な判断基準を持つことで無駄な思考をはぶいて一直線に目的に向かう事ができます。

スポンサーリンク

【知っておくべき】独立開業のいいところとリスク

記号, 注意, 警告, 危険, 安全性, リスク, 黄色, シンボル, アラート

 

美容室を独立開業するにあたってっても切り離せないのが「リスク」

 

多くの美容師がビジョンを持ち、独立開業に向けて動き出します。

 

これは素晴らしい事なのですが、同時に危険を伴う行為だということを自覚しておくことも必要です。

 

サロン経営における「いいところ」と「リスク」について記載しておきます。

 

✔サロン経営のいい所

  • 自分が経営しているのでサロンのすべての決定権を持てる。
  • 自分のヴィジョンに向けて経営ができる
  • 務めていた時と違って収入が青天井
  • 技術・接客といったサロンワーク以外にも店に縛られず自由に営業活動ができる

 

✔サロン経営のリスク

  • 辞めることができない
  • すべての責任が自分に課せられる
  • 多くの場合借入金による借金をすることになる

 

独立開業においてはビジョンを持った時点で突き進むというのは素晴らしい事なのです。

 

ですがリスクを伴う以上きちんとリスクを理解して回避できる部分は回避しながら進む必要があります。

スポンサーリンク

最後に【おのおののヴィジョンによって必要なスキルが異なる】

ビジネス, 検索, ソ, エンジン, インターネット, 最適化, マーケティング

 

ビジョン(なりたい自分)が固まった時点で今現在とのギャップが生じることに気づきます。

 

この差を埋めていくという作業がこれから独立開業~サロン繁栄に向けて足らない知識・スキルを身に付けるということになります。

 

ここから3つのパターンに分けて必要な知識・スキルを解説していきます。

 

✔強固なブランド力を持つサロンを作りたい美容師さん

  • イメージするブランドにふさわしい個人のカリスマ性
  • 他店のブランドには無い独自の技術・サービス
  • 雇った美容師を自店に合わせたブランドに育てるスキル
  • ブランドを打ち出す広告やネットでの集客

 

✔一人(夫婦)での永続的な美容室経営をしたい美容師さん【僕はここに値します】

  • 一人でさばけるお客さんの数に限りがあるということを念頭に置いておく
  • 自分ができる範囲で臨む売り上げを上げるための知識
  • 自分の身が資本となるので体調管理や徹底したリスクヘッジ対策

 

✔多店舗展開していきたい美容師さん

  • 美容師の雇用・教育における対策
  • 店舗展開の知識、それに伴う資金
  • 財務・労務の知識、整備
  • 大量に集客する広告展開

 

自分のパターンに落とし込んで勉強する事で「なりたい自分」に近づけるわけですね。

 

今回は”美容室の経営したい!何から始める?【結論】まずはビジョンを持つ!”

 

というテーマで執筆してみました。

 

次回は”どうなりたいかが決まったら?”というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

というわけで、今回は以上となります。

 

紙とペンを用意して是非ご自身のビジョンを固めてみてください♪

 

次のステップとして美容室の経営を成功させるために!【コンセプトとターゲットを設定セヨ】という記事も作成しています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました