「美容師のお金」今の給料から結婚や独立は可能【自由に生きるために】 

未分類

美容師として働いてるけど、お金に対して不安がありすぎる・・・。

お金とどう向き合えばいいだろう。

結婚や独立もしたいと思ってるけど、今の給料では到底無理な感じがする・・・。

お金に対する知識がほしい!

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきたいと思います。

 

✔この記事の内容

  • 美容師のお金の悩み【何かが間違っているというサイン】
  • 美容師のお金の不安【学習で払拭セヨ】
  • 美容師のお金の基本【経済の黒字化】
  • 「人生を経営とすれば」雇われも独立もマイナスを無くすだけ
  • あなたはお金を持つべき存在か?
  • 【貯金は常にする】結婚や独立の予定は関係ナイ
  • お金はあげるときも頂くときも【イイ気持ちで】
  • 美容師は稼ぐ事に真剣になるべし!

 

スポンサーリンク

 

この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になり経営を安定させることに成功しています。

 

そんな僕がお金のベーシック的な部分の知識をおすそわけさせて頂きたいと思いますので、是非学んでみて下さい。

 

美容師のお金の悩み【何かが間違っているというサイン】

検索, アイコンを, シンボル, インターネット, 記号, Web, ビジネス

僕たちが携わる美容師という職業は、全国の平均年収額についても300万円に満たない業界です。

 

だからといって「美容師だからしょうがない」という思考は捨ててください。

 

「お金に不安があるのは美容師だから」とか、関係ありません。

 

スポンサーリンク

 

「お金がない」「お金が足りない」というのは何かが間違っているというサインでもあります。

 

職場の給与システムであれば違う店にいきましょう、そもそも今の職場で頑張れば望む年収が稼げるなら頑張り方が間違っているといえます。

 

「何かがおかしい」んですよ。

 

現実に向き合って、何が自分に対するお金の流れを止めているのか深く考えてみて下さい。

 

以下の記事も参考にしてみて下さい。

美容師の年収は低いのであきらめて副業するべき【転職は副業してから】

 

美容師のお金の不安【学習で払拭セヨ】

コイン, アイコンを, お金, ビジネス, ファイナンス, 銀行, 通貨, 現金

お金の不安はとにかく学習で払拭するしかありません。

 

今の時代は、絶対にお金について常に学ばないといけない時代になっています。

 

この記事を読んでくださっている方はそのへんのリテラシーの高い方でしょう。

 

お金の学習についてはその立ち位置で学習方法が変わってきます。

 

スポンサーリンク

 

パート美容師さんであれば旦那さんの収入と合わせて子供の学費やローン返済なども踏まえつつ家系を黒字化することに注力する必要がありますよね。

 

フリーランスの美容師さんであれば確定申告なども踏まえて売り上げを確保するという意識も必要になりますよね。

 

お店を経営をされているのであれば、社員の皆さんの給料を支払いながら事業について学ぶ必要があるでしょう。

 

とにかく、不安が出た時点でそのことについてとことん学んでやりましょう。

 

美容師のお金の基本【経済の黒字化】

メモ, アイコンを, シンボル, 記号, デザイン, フラット, 音楽

お金の不安を学習で払拭するというお話をしましたが、一番シンプルで始めやすい事が「経済を黒字化」することです。

 

1か月に、1円でもいいから貯金しましょう。

 

シンプルですが、これがお金の基本でありスタートです。

 

スポンサーリンク

 

カードを使いすぎて翌月の支払いに困っている方などもいらっしゃるのではないかと思います。

 

以前に僕も後輩の美容師からクレジットカードについて相談を受けたことがあります。

 

絶対にに消費者金融などに頼ってはいけません。

 

スタートラインに立てていない人は生活を見直すところから始める事が大切です。

 

「人生を経営とすれば」雇われも独立もマイナスを無くすだけ

電卓, アイコンを, ビジネス, ファイナンス, シンボル, デザイン, 記号

お店に努めている美容師さんでアシスタント時代などに数十万円といったハサミなどを購入する人がいます。

 

完全否定はしませんが、人生を経営と考えたときにはこれはあまりよくない選択です。

 

「オーナーに勧められたから」という意見も耳にすることがありますが、はっきり言って10万円以内のハサミを使って売り上げ100万円を達成する美容師さんは少なくありませんよね?

 

スポンサーリンク

 

独立するときも、店舗にお金をかけすぎて運転資金を残せないというのは超高リスクですし、商売人としてはナンセンスと言わざるを得ません。

 

お金は入る分を増やす事も大切ですが、そもそも出ていく分を入ってくる分に見合ったものにするというのが超・超・超重要です。

 

とにかく、人生においてマイナスを削る意識で暮らしていきましょう。

 

あなたはお金を持つべき存在か?

バックパック, アイコンを, デザイン, シンボル, バッグ, 記号, フラット

結論からお話しすると、小金が入ったら自己投資がマストです。

 

お金の使い方は4つに分かれます。

  1. 消費【生活のお金】
  2. 浪費【娯楽・遊び】
  3. 投資【未来のためのお金】
  4. 貯蓄【変動に対応する】

ですね。

 

スポンサーリンク

 

いきなりおこずかい的なお金が入ってきたときに、あなたはこの4つのうちどのジャンルにお金をよく使っていますか?

 

いきなり入ってきたお金は「試されているお金」と認識することが重要です。

 

これは1万円であっても100万円であってもあなたは試されています。

 

それは「あなたはお金を持つにふさわしい存在か」

 

この4つのうち、3の投資(自己投資)に多く時間とお金とエネルギーを投下することができた人だけが、将来お金の不安から脱して自由になる事ができます。

 

1万円もらったら、せめて1冊の本を買って勉強しましょう。

 

【貯金は常にする】結婚や独立の予定は関係ナイ

アイデア, アイコンを, 光, ビジネス, デザイン, 技術, シンボル

人生って、必ず波がありますよね?

 

いいときも、悪い時も。

 

楽しい時もつ、辛い時も。

 

これ、お金も一緒です。(ご存知だとは思いますが。)

 

ですから、お金は必ず貯金するという意識を持ってください。

 

これは「僕は(私は)結婚や独立はしないから大丈夫」というのは関係ありません。

 

スポンサーリンク

 

アシスタントでギリギリ生活しているなら1000円でも100円でも構いません。

 

貯金の実行というのが、常に頭にないといけません。

 

貯金はしなければならないものというレベルで体にしみこませてなければ、将来大金を手にしたところで必ずお金を失います。

 

そして、経済は常に変動しているという意識を持って「個人であっても貯金」をしましょう。

 

「世の中は無常」という意識を忘れないようにしましょう。

 

お金はあげるときも頂くときも【イイ気持ちで】

日, 太陽, クラウド, 夏, 日当たりの良い, 幸せ, 日光, 楽しい

「そんな!お金なんて結構です!」なんて言ってはダメです。

 

感謝の気持ちを持って、してあげたことに対して頂けるお金を喜んで受け取ってください。

 

それがお金回りをよくする事でもあり、相手の方への頂いたお返しにもなります。

 

頂けない方はあげる事ができません。

 

スポンサーリンク

 

あげる事ができなければ頂く事ができません。

 

お金はいい気持ちであげましょう。

 

いい気持ちに心を整えてからあげるというのが正しいかもしれません。

 

生活費の事などを気にしながらあげてはいけません。

 

美容師は稼ぐ事に真剣になるべし!

車, Vw, 交通, フォルクスワーゲン, 車両, バス, キャンピングカー

真剣になるというのはお金の悩みを払しょくする手段の一つでもあります。

 

とにかく本気で稼ぐという意識を持ってください。

 

これは正しい欲(服が欲しい、車が欲しい、自由がほしいetc)のもとに本気で稼ぐということです。

 

(地位や名誉のために稼ぐのはダメな考え方なのでやめましょう)

 

スポンサーリンク

 

人間というのは常に向上するというのがある意味で定めで、それによって幸せでいられる生き物です。

 

売り上げで頭を悩ませている美容師さんだって今から本気で稼ぐと決めれば言動や得られる情報がどんどん変わっていきます。

 

是非ともこのページを閉じるときには「自分は稼ぐと決めた」と決めてこのページを閉じてください。

 

そして、その気持ちをずっと持ち続けてください。

 

最後に

誕生日, ギフト, ボックス, 驚き, 本, リボン, 祝賀, ギフトボックス

今回は美容師のお金の基本的な部分について書かせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

 

【まとめ】

  1. お金での悩みがあるなら間違いと向き合う。
  2. お金に対して不安じゃなくなるまで学ぶ。
  3. アシスタントでも月に1円は貯金する。
  4. 入るお金を増やしつつ出るお金を減らす工夫を。
  5. 小金が入ったら本を買う。
  6. 気分が乗らないならお金はあげない。
  7. 稼ぐにフォーカス。

 

ちょっと長くなってしまいましたが、個人的にはお金について大切な知識ではないかと感じています。

 

この記事を読んでくれた方に、少しでも学びになれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今回は以上となります。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました