美容室のコロナ対策!美容師が行うべき4つの方法を紹介【結論エタノールが有効】 

salon/経営

世の中がコロナウィルスで騒いでいるけど、美容室で美容師ができるコロナウイルス対策ってあるのかな?

大切なお客様と大切なスタッフを守るためにも予防方法を知りたい!

 

今回は世の中を騒がせているコロナウィルスについて、僕たち美容師ができるコロナウイルス対策についてまとめてみました。

 

✔この記事の内容

  • コロナウイルスの特徴と対策のヒント
  • 美容師ができるコロナウイルス対策【4選】

 

スポンサーリンク

 

この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して3年目になり経営を安定させることに成功しています。

 

そんな僕が、現在美容師として働いている皆さんに向けて美容師がするべき新型コロナウイルス対策について解説します。

 

この記事の情報は、テレビやニュース、医療従事者に聞いた話などを元にして実際に僕が行っている対策でもありますので、是非参考にしてみてください。

コロナウイルスの特徴と対策のヒント

囲炉裏, 肝臓, 衛生兵, ハースストローク, ボディケア, カプセル, 冠

新型コロナウイルスの特徴として、エタノールや有機溶媒で容易に感染性を無くすという事ができるようです。

このことから、美容室でもよく行われるエタノール消毒が対策としても有効だと考えられます。

 

感染の経路にも特徴があるようなので記載しておきます。

 

スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの感染の特徴は飛沫感染と空気感染にわけられるようです。

 

美容室で考えられる感染経路とすれば店内でスタッフもしくはお客様が鼻をかんだとして、その手でドアノブなどに触れた所に別の方が手を触れて感染したりするという事です。

 

これは触れた時点ではなくて、触れた手で顔を触るなどして感染するということのようです。

 

美容師同士であれば同じ道具を使用することでも感染の恐れがあると考えられますね。

美容師ができるコロナウイルス対策

バルーン, 誕生日, 祝賀, 誕生日風船, 祝賀会, 祝う, 休日, 装飾

僕たち美容師が普段の営業中にできる新コロナウイルスの予防はどのようなものがあるでしょうか。

 

テレビやインターネット、医療従事者からの情報をもとに僕が実際に行っている4つの対策について解説していきます。

 

個人的にはかなり有力なものを厳選して行っていますので、是非参考にしてみて下さい。

こまめに水分を口にする

救急車, 医療, 医学, 健康, 緊急, 病院, 看護師, クリニック, 医師

ウイルスがのどや鼻の粘膜の感染部分に到着し、細胞内に入るまでの時間は一番早くて20分なのだそうです。

 

このことから、20分おきに口に水分を含ますというのがとても有効だと考えられます。

 

20分おきに水分補給と言っても口に水を含む程度でも、感染部分に付着したウイルスを洗い流すことができれば感染するリスクを減らすことができるようです。

 

スポンサーリンク

 

ウイルスを飲み込んでしまっても大丈夫なの?という声が聞こえてきそうですが、ウイルスというのは消化器官に入ると分解されてしまうそうで、感染や増殖の心配はないとされています。

薬剤を調合するときやシャンプー前などといったちょっとした隙間時間に口に水を含ませるという事を習慣にする事で予防に繋がるというわけです。
この方法は、医師や看護師といった医療関係者もおこなっている方法だそうなので、僕個人的にも重要視して行っています。

エタノールでの消毒の徹底

美容師が普段使うハサミやコームの消毒などでも使用するエタノールは新型コロナウイルスにも有効であるという事が分かっています。

 

一客ごとにハサミやコームをエタノール消毒するという事が重要です。

 

可能であれば、セット面や椅子、鏡なども1客ごとにエタノールで拭きあげるという事も有効でしょう。

 

スポンサーリンク

 

美容師の手指の消毒に加えて、可能であればお客様が来店された時点でエタノールで手指消毒をして頂くというのも有効だと考えられます。

 

市販のエタノールの場合だと濃度が重要で、濃度80%前後のエタノールが有効だそうです。

 

手洗いの徹底

アイコンを, 医療, 病気, 健康, 医学, 聴診器, 中心部, 診断, 医師

手洗いに関してはWHO及び、厚生省といった機関がエタノール消毒に続いて、第2の対策と打ち出しているほどの予防方法になります。

 

石鹸やハンドソープで手を洗う時にしっかりと手を洗うとなった場合には30秒以上は手を洗うという事が言われています。

 

美容師は忙しい職業ですから、なかなか時間が取れないという方もいらっしゃるとは思います。

 

ですが、このような世の中の風潮の中で対策を行うことでお客様からの信頼がより強まるのではないかと思います。

 

顔に手を近づけない

 

顔に手を近づけないというのは頭では意識していても無意識に顔や髪の毛を触ってしまうということはよくあることではないでしょうか。

 

女性美容師さんであれば、メイク直しなどもするでしょう。

 

スポンサーリンク

 

男性女性関わらず、美容師は髪型を整える際には髪の毛を触る癖がある方も多いと思います。

 

手に付着したウイルスが顔を触る事で体に侵入するという事はよく耳にしますが、他人の身体に普段から触れる職業に就く僕たち美容師というのは特に意識して過ごす必要があるでしょう。

 

最後に

薬剤, 錠剤, 医学, 健康, 中毒, 薬, ケア, 処方, 医薬品, 薬局

今回は、新型コロナウイルスの対策について、実際に僕が行っている予防について解説させていただきました。

 

テレビやニュースはもちろん、実際に医療現場従事者の方に教えて頂いたものもありますので是非心がけて頂けたらと思います。

 

大切なお客様はもちろんの事、僕たち美容師が感染してしまっては元も子もありません。

 

昔から、病は気からといことも言い伝えられていますよね。

 

スポンサーリンク

 

ストレスを溜めすぎず、しっかりと栄養と睡眠をとったうえで予防対策をしていきましょう。

 

今の現状がこれから改善することを心から祈っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

今回は以上となります。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました