美容室もキャッシュレス時代【スマホ・クレジット決済】導入のメリットとデメリット

salon/経営

最近はテレビでも雑誌でもキャッシュレス決済って言葉をよく耳にするし、やたらとキャッシュレスの営業もかけられるけどキャッシュレス決済って実際どうなんだろう?

個人サロンでも導入するべきなのかな?

今回はこのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

✔この記事の内容

  • キャッシュレス決済について
  • サロンとお客様のメリット
  • サロンとお客様のデメリット
  • サイト負けについても解説
  • キャッシュレス時代に突入資金繰りが変わる?
  • あなたのサロンでもキャッシュレスは必要か?

 

この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して2年目になり売り上げを安定させることに成功しています。

 

そんな僕がこれから来るであろうキャッシュレス時代についての対応について書いてみたいと思います。

 

手元に現金がない?サイト負けの現実【キャッシュレス決済を利用する】

オンライン ストア, オンライン ショップ, ストア, オンライン, ショップ

サイト負けという言葉をご存知でしょうか?

 

サイト負けというのは売り上げの発生した日から現金が得られるまでの猪予機関が買った日から実際に現金を払うまでの機関よりも長いことです。

 

サイト負けによって手元に現金がない事から倒産に追い込まれることもあるのだといいます。

 

消費税増税により、消費の低迷を防ぐための策とも思われるポイント還元制度。

 

国の施策としてキャッシュレス決済を推進する流れというのは今後ますます加速していく事でしょう。

 

消費者アンケートでは利便性をよく感じているユーザーが多くいるという調査結果があるそうです。

 

キャッシュレス決済導入についてはいくつかのデメリットも考えられます。

  • 手数料がかかる
  • 決済から入金までの時間差がある
  • 資金繰りには不利な面もある

 

キャッシュレス決済を導入することに関しては慎重に進めつつもデメリットばかりに目をむけるのではなく、お客様の利便性なども踏まえながら判断することが重要となります。

スポンサーリンク

入金サイトが長ければ資金繰りが不利に!サイト負けを防ぐ

E コマース, オンラインの販売, オンライン販売, 購入, 販売, 市場

キャッシュレス決済が普及する中、サロン経営において注意すべき点はサイト負けを防ぐということに集約されます。

 

キャッシュレス決済がサロンでも多く利用されるということは、現金が手元に来るのが遅くなるという事とイコールとなります。

 

さらに入金サイトが長いとなれば、資金繰りが上手くいかなくなる可能性が出てきます。

 

これでは売り上げとしては十分に上がっているのに、入金サイトが長いために支払いが滞ってしまうという事も起こりうるわけです。

 

このようにサイト負けが起こります。

 

サイト負けを未然に防ぐ方法とは!?
  • 入金サイトを短くする
  • 支払いサイトを長くする
  • 現金は入金サイト0
  • キャッシュレス決済のサイトは月1か2回入金が基本的
  • 翌日払いのサービスを行っている業者もある
  • 経費をクレジット払いにする
  • ディーラーとの取引で1か月の請求書を依頼する
  • 手形決済も有効

 

キャッシュレス決済のメリット・デメリット

給与, 電子マネー, 使用デビットカード, クレジットカード, カード

これまでの日本の文化では現金主義という流れがかなり色濃く残っていたように感じます。

 

これからどんどんキャッシュレス化していく事と思いますが、現金はまだまだ無くならないことは誰もが予測していることと思います。

 

ですが、日本政府はキャッシュレスの決済率を2025年までに40%まで伸ばすことを目標と掲げているみたいです。

 

僕たち、個人サロンオーナーたちもキャッシュレス決済のメリット・デメリットを把握して導入について真剣に検討する時期なのかもしれません。

 

【キャッシュレス決済】サロンのメリットとは?
  • お客様の心理的に支払っている感が少なく客単価をあげやすい
  • 窃盗のリスクの軽減
  • レジ金横領の危険性の軽減
  • レジ閉め業務が楽になる
  • 会計の間違いなどが大幅に減らせる

 

【キャッシュレス決済】サロンのデメリットとは?
  • 資金移転する際に振込手数料がかかる
  • 決済にも手数料がかかる
  • 入金サイトがある

 

サロンオーナーが判断基準として何か導入を試みるとき、やはりデメリットよりメリットが多くなければ導入の運びとはなりませんよね?

 

上の表を確認しながら導入の検討をしてもらってもいいのかなと思います。

 

さらにもう一つ、結局のところお客様目線に立った時にお客様にメリット・デメリットがあるのか?

 

というところまで深堀してみたいと思います。

 

【キャッシュレス決済】お客様のメリットとは?
  • 消費者還元事業加盟店であればポイントが還元される
  • ポイントがたまる
  • 支払いが早い
  • 手持ちの現金に関係なく支払うことができる

 

【キャッシュレス決済】お客様のデメリットとは?
  • セキュリティー面での不安はまだまだある
  • 通信の状態で決済ができないこともある
  • 自分が持っていないカードやアプリは対応できない。

 

このように見比べてみると、お客様にとってもメリット・デメリットがいくつかあることが見て取れます。

 

サロンからすれば入金サイトが短い業者との契約を検討するなど、各サロンの状態に合わせて判断するというのがベストなのかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

お支払い, お金, 財布, クレジット, カード, 現金, ファイナンス, 通貨

最近、会話の中でもキャッシュレス時代の到来というのが感じ取れることが多くなっているような気がします。

 

今回、資金繰りのポイントとしていくつかのフェーズに分けて紹介させてもらいました。

 

僕の周りのサロンオーナーの雰囲気を見ていても、キャッシュレス決済についてはまだまだ疎いような雰囲気を感じています。

 

やはり今回記載したような情報を元に、サロンオーナーが自ら判断することが大切になってきますね。

 

僕は開業当初からクレジットカード決済は導入していました。

 

約1年前からスマホ決済も導入しています。

 

まだまだキャッシュレス決済の比率は低いためサイト負けとは無縁ですが、今後の対策はしていこうと思っています。

 

この記事を読んでいただいているあなたも、是非これを機に対策を考えてみてはいかがでしょうか?

 

今回は以上となります。

 

美容室の経理、資金繰りについてはこちらの記事でも解説していますのでご覧ください。

美容室の経理【キャッシュフローの理解】資金ショート防止!

コメント

タイトルとURLをコピーしました