美容室開業で資金を調達する方法!公庫(国金)で1000万円を借りた僕が解説

salon/経営

サロンオープンに向けて事業計画は完成したから、後は実際に行動するのみ!自己資金では足りないお金は国金で借りれるってよく聞くけど、どうすればいいのかな?

今回はこのような疑問にお答えしていきたいと思います。

 

✔この記事の内容

・お金を借りる(資金調達)ことができる機関

・公庫(国金)の手続きの手順

・必要な書類

・公庫(国金)で借り入れを成功させるための条件とは?

 

この記事を執筆している僕「peke」は美容室を経営して2年目になり売り上げを安定させることに成功しています。

 

そんな僕がこれから開業を志す方々に向けて公庫(国金)でのお金の借り方ついて解説していきます。

 

以前にこちらの記事を書いていますので順を追って読んでいく事をオススメします。

  1. 美容室の経営したい!何から始める?【結論】まずはヴィジョンを持つ! 
  2. 美容室の経営を成功させるために!【コンセプトとターゲットを設定セヨ】 
  3. 美容室の開業で借り入れは300万円?その前に!【事業計画】part1
  4. 美容室開業の資金計画〈調達〉初期費用はいくら必要?【事業計画】part2
  5. 【今ここ】美容室開業で資金を調達する方法!公庫(国金)で1000万円を借りた僕が解説
スポンサーリンク

 

お金を借りる(資金調達)ことができる機関

アイコンを, ファイナンス, 銀行, 電子, 技術, シンボル, 近代的な

お金の借りられる機関を確認しておきましょう。

 

いくつかの方法を知っておくことである機関で融資の審査に落ちたとしても次のアクションを起こすことができます。

  • 日本政策金融公庫
  • 銀行
  • ローン
  • 制度融資

 

☑日本政策金融公庫

借り入れと聞いて一番メジャーなのが公庫からの借り入れですね。

 

実際に僕も借り入れは公庫のみです。(独自に審査をされるため融資までの流れがスムーズです)

 

 

☑銀行

銀行は新規開業には少々難易度が高くなります(銀行は経営実績を審査対象としているから。新規開業者には何の実績もないため)

 

ですが、僕の友人でも新規開業の時点で銀行からの融資に成功していますので、視野に入れておくのもいいかもしれません。

 

 

☑ローン

信販会社は個人の信用情報が審査対象になります。

 

このため、審査結果の通知が早いのが特徴です。

 

個人的には利用限度額が低く、利子が高い所がネックなのでどうしてもっていうときに利用するのがいいかなと思っています。

 

 

☑制度融資

あまり聞きなれないとは思いますが、制度融資は自治体によっては利率がいいので要チェックですね。

 

中小企業の資金調達などを支援するため各地方自治体が信用保証協会、金融機関と連携して設けている制度となります。

 

融資までの時間がかかってしまうことが多いところが少々ネックではあります。

 

 

個人的には融資までのスピード、融資額、利率、返済期間のバランスがいい日本政策金融公庫がオススメです。

 

公庫(国金)の手続きの手順

一覧, アイコンを, シンボル, 紙, 記号, フラット, メモ, フォーム

✔公庫の借り入れの手順

  1. 相談
  2. 申し込み
  3. 面談
  4. 結果通知
  5. 契約
  6. 融資実行

 

借り入れ申し込みから結果通知までの期間は2週間ほどです。

 

結果通知が来た時点で物件の契約をすることも忘れてはいけません。

 

公庫にはいくつかの融資制度があります、相談の時点で説明を受けると思いますので確認して申し込みをしましょう。

 

必要な書類

デスクトップ, テーブル, 木造, 木材, デスク, バリスタ, ドリンク

書類が必要となるのは借り入れ申し込みの時、融資面談の時。

 

この2回となります。

 

必要な書類をそろえておくことと、忘れないようにチェックして臨みましょう。

 

✔借り入れ申し込みで必要な書類チェック項目

  1. 賃貸契約書(物件案内)
  2. 創業計画書(事業計画書)
  3. 店内レイアウト図
  4. 見積書
  5. 借り入れ申し込み書

 

✔融資面談で必要書類チェック項目

  1. 美容師免許
  2. 運転免許証(なければパスポートなど、本人確認できるもの)
  3. 住居の賃貸契約書
  4. 公共料金の支払いが確認できる領収証(引き落とし通帳)
  5. 預金通帳
  6. 勤務時の給与明細か源泉徴収票
  7. フリーランスは確定申告書2年分

 

面談のときはやはり緊張してしまうと思います。

 

僕もかなり緊張していたのを覚えています。

 

面談では公庫の担当の方が進めてくれるので特にこちらとしては書類の忘れ物がなければ問題ありません。

 

事前に準備が必要な書類もあるので、事前相談が終わった時点では早々に書類の準備にとりかかりましょう。

 

※申し込みや面談の前などに慌てて準備となると間に合わない書類が出てくると思いますので注意が必要です。

 

公庫(国金)で借り入れを成功させるための条件とは?

掲示板, 付箋, ポストで, リスト, ビジネス, キャリア, 起動します

借り入れを成功させる絶対法則は無いにせよ、いくつかの条件をクリアできていれば公庫での借り入れは心配はいらないと思われます。

 

(ここだけの話、この人でも借りれるんだからって人いっぱいいます)

 

今からすぐにやるべきことと条件について記載していきます。

 

✔借り入れを成功させるための条件

  • 公共料金の支払いに滞りがない
  • 自己資金を200万円以上用意する
  • スタイリストとしてある程度の売り上げ実績を提示できる

以上3つは絶対条件になると思われます。

 

逆に言うと普通のスタイリストであれば上記の条件というのはクリアしていることがほとんどですよね。

 

なのでよっぽどの事がなければ審査に落ちて融資が受けられないということはないでしょう。

 

その他にもコンテストの入賞歴がある方や店長やマネージャー経験がある方というのは独自性や管理者としての経験があることが提示できるわけなので融資が受けやすくなるといわれています。

 

逆に言えば、今の時点で条件がクリアできていない人はこれから取り組めば十分クリアすることができます。

 

最後に

家, お金, ユーロ, コイン, 紙幣, 電卓, 予算, 保存し, 金融

公共料金は直近の半年間の支払いができていることが確認されます。

 

自己資金については家族や知人・友人からの借り入れも加算されますが、できれば毎月の積立が証明できるような通帳などがあった方がいいと言われています。

 

なので、早い段階からコツコツためていきましょう。

 

スタイリストとしての実績の部分は言うまでもなく日々の積み重ねでしかありません。

 

この記事を読み終わった時点でクリアできてない部分があれば一つづつ取り組んでいきましょう。

 

今回は”美容室開業で資金を調達する方法!公庫(国金)で1000万円を借りた僕が解説というテーマで書いてみました。

 

準備が整っている方は実際に行動に移してみてください。

 

美容室開業のためにすることについては以下の記事も参考にしてみてください(できれば順を追って読んでいただくことをオススメします。

 

  1. 美容室の経営したい!何から始める?【結論】まずはヴィジョンを持つ! 
  2. 美容室の経営を成功させるために!【コンセプトとターゲットを設定セヨ】 
  3. 美容室の開業で借り入れは300万円?その前に!【事業計画】part1
  4. 美容室開業の資金計画〈調達〉初期費用はいくら必要?【事業計画】part2
  5. 【今ここ】美容室開業で資金を調達する方法!公庫(国金)で1000万円を借りた僕が解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました